UEFAは、2018-21サイクルのためのGazpromとUEFAチャンピオンズリーグのパートナーシップの延長を発表し、2012で始まったエネルギー会社との関係を継続します。 この契約には、2018、2019、および2020におけるUEFAスーパーカップのスポンサーシップの権利も含まれています。

ヨーロッパでも有数のクラブコンペティションのオフィシャルパートナーとして、GazpromはこれからもUEFAチャンピオンズリーグとの提携を利用してファンをゲームに近づけ、ヨーロッパサッカーの重要な支持者としての地位を固めます。

UEFA Events SAマーケティングディレクターのGuy-Laurent Epstein氏は、この合意について次のように述べています。

「Gazpromは、2012に参加して以来、UEFAチャンピオンズリーグの重要なパートナーとなってきました。そして、さらに3シーズンにわたってこの関係を継続していきたいと思っています。

「ガスプロムはその分野のリーダーであるだけでなく、サッカーの長い伝統を持っています。 我々は新しいUEFAチャンピオンズリーグのサイクルに入るにつれて、私たちの関係が発展することを楽しみにしています。」

これはUEFAチャンピオンズリーグの2018-21スポンサーシップ販売プロセスの6回目のパートナーシップ発表です。Sineanderが新しいパートナーとして加わり、Heineken、Nissan、PepsiCo、Mastercardが新しい契約を締結しました。 UEFAクラブコンペティションスポンサーシップの権利の全世界での販売は、UEFAに代わってTEAM Marketing AGによって行われています。

読者へのサービスとして、World Football INSIDERは選択されたプレスリリースの逐語的なテキストを提供します
サッカー関連の組織、企業によって発行された
スポンサー。


きみの
世界のフットボール事業に関するニュースの完全な情報源は
www.worldfootballinsider.com

自由になる
WFI
ニュース速報 ナビゲーションヘッダーの
ここに

返信を残します