ローザンヌ、6 6月2019 - スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、マンチェスターシティフットボールクラブ(MCFC)が欧州サッカー協会連合(UEFA)に対して提起した控訴を登録しました。

この控訴は、MCFCがUEFAのクラブライセンシングおよびフェアフェアプレー規則に違反していると主張した、UEFAクラブ財務管理機関(CFCB)の調査会議所(IC)が行った決定に対して行われました。

仲裁手続が今開始され、当事者間での書面による提出物の交換が行われる一方、CASの仲裁人のパネルが上訴を審理するために招集されます。 パネルが正式に構成されたら、手続き型カレンダーを発行します。 現時点では、この件に関する仲裁判断が発表される時期を明言することは不可能です。

パネルの決定を発表したメディアリリースを発行することを除いて、CASはこの手順に関してそれ以上の情報を提供しません。

出典:CAS

コメントを残す