FIFAの 技術研究グループ(TSG) は、今日のミラノで開催されたFIFA女子ワールドカップフランス2019™に関するレポートを、女性のショーピースの分析を目的とした史上初のFIFAサッカー会議で発表しました。 完全なレポートが利用可能です こちら.

105ページのTSGドキュメントは、女子サッカーが到達した前例のないレベルの技術的、戦術的、身体的発達の証です。 TSGレポートに含まれるハイライトのいくつかは次のとおりです。

トーナメントの観察

  • 「配信がすべて」:オープンプレイの27を含む15の目標を説明するヘッダーは、カナダ23でノッチが付けられた2015の目標からの増加を表します。 広いエリアを使用し、完全に重み付けされた正確なクロスを提供するプレイヤーの能力は、純粋な空中ゴールスコアの腕前を示すために、ゴールの前に多くの開口部を作成しました。
  • 優れたゴールキーピング:70パーセントの全体的な節約率は、2015から5パーセントポイント上昇しました。 ペナルティーからの72パーセントの変換率(カナダ2015から10パーセントポイント減)は、ゴールキーピングのレベルに敬意を表します。 4回に1回のセーブ率は、ボールが蹴られる前にゴールキーパーの侵入を監視する新しいVARスポットライトを使用しても、スポットから得点することはそれほど容易ではないことを示しました。
  • 背面からの構築:9トーナメントでは、パスの2019パーセントのみが以前の2つのエディションから減少しました。これは、チームが、より長く直接的なものではなく、より短いパスをプレイし、辛抱強く構築することを徐々に求めていることを示唆しています。
  • ボールを取り戻す:すべてのボールの回復の61パーセントが7秒以内に発生しました。 フランスの平均ボール回復高(所有権を取り戻すときの目標からの平均距離)は50mのすぐ下で、次にアメリカの48mが続きました。

アタックトランジション:アタックトランジションを成功させるには、品質の高いファーストタッチとファーストパスが重要でした。

目を引いた選手

TSGのレポートによると、「以前のFIFA女子ワールドカップは、2019で展示されていた総合的な才能と傑出した個人のパフォーマンスに恵まれていませんでした」とのことです。 特に目を引いたプレーヤーの一部は次のとおりです。

ルーシーブロンズ(イングランド、アディダスシルバーボール優勝)、ジルスコット(イングランド)、エレンホワイト(イングランド、アディダスブロンズブーツ優勝)、ジュリーエルツ(アメリカ)、ミーガンラピノエ(アメリカ、アディダスゴールデンボールとゴールデンブーツ優勝)、ローズラヴェル(アメリカ、アディダスブロンズボール優勝)、クリスタルダン(アメリカ)、サリヴァンヴィーネンダール(オランダ、アディダスゴールデングローブ優勝)、ヴィヴィアンヌミエデマ(オランダ)、ソフィアヤコブソン(スウェーデン)。

レポートには、排他的な戦術映像、詳細なチームプロファイル、および詳細なパフォーマンスメトリックも含まれています。 たとえば、カナダは79パーセントで成功を収める道をリードしましたが、トーナメントの平均は74パーセントで、2015から3パーセントポイント増加しました。

「これは史上最も流動性のある女子ワールドカップでした。プレーヤーがゲームを読み、ボールの有無にかかわらず正しい動きをする優れた能力を示したからです。 もちろん、チームの準備をコーチに任せる必要があります。 全体として、これはチームがより親善試合をした結果であり、U-20およびU-17競技のプラスの影響、およびコーチング分析とテクノロジーの使用の改善を示しています。 TSGのヘッドであるエイプリルハインリッヒは言います。

TSGはBranimirUjevićが率いるFIFAコーチング&プレーヤー開発部の傘下で運営され、次の専門家を特集しました。

  • エイプリルハインリッヒス(米国ヘッド)
  • Sun Wen(中国PR)
  • ナディーン・ケスラー(ドイツ)
  • エリザベスロイゼル(フランス)
  • ClémentineTouré(コートジボワール)

TSGの専門家は、FIFA TSG副プロジェクトリーダーPatriciaGonzález、FIFA Goalkeeping Specialist PascalZuberbühler、FIFA TSG Coordinator、元スイス女子代表チームキャプテンPrisca Steinegger、FIFA Performance&Game Analyst Chris Loxstonの支援を受けました。

「TSGレポートは、ピッチでの女子サッカーの全体的な発展を裏付けています。 技術的、戦術的、肉体的、精神的な観点から、フランス2019はこれまでで最高の女子ワールドカップでした。 セミファイナリストの10人のプレーヤーを強調したという事実は、この全体的な発展を代表する他のチーム、たとえばジュリアグウィン、サムカー、アマンディーヌヘンリー、キャロラインハンセン、クリスチャンエンドラーなどの多くの数字を損なうものではありません」 。

FIFA女子ワールドカップの以前のエディションの技術レポートが利用可能です こちら.

コメントを残す