女子サッカーへの世界的な関心の高まりは、2023トーナメントの開催を争う多くの国々に反映されています。

(FIFA)

水曜日のFIFAは先月、最初に主力女子大会の開催に興味を示した国々から9つの登録を受けたと述べた。 アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、コロンビア、日本、韓国、ニュージーランド、南アフリカのサッカー協会が大会の開催を切望しています。

韓国の連盟は、北朝鮮との共同入札を提案しています。

4月の16は、完成した入札登録をFIFAに提出する期限です。

ワールドフットボールの運営組織は、連盟のグループは「FIFAの歴史の中で単一のトーナメントに入札するという意思を確認した、これまでで最大の加盟協会のリストを表している」と述べた。

金曜日に、FIFAは10月までに正式な入札を提出しなければならない全国連盟の各々に入札と主催文書を送ります。

2019女子ワールドカップは、6月から7月にかけて開催されます(FIFA)

それ以前には、6月にフランスで開催される2019女子ワールドカップ期間中に入札情報ワークショップとオブザーバープログラムに参加するよう招待されています。 この夏のマーキーFIFAイベントは、6月から7月にかけて開催されます。

24エディションのフォーマットを維持しながら、2019チームのトーナメントになる予定です。 FIFAの入札文書では、最低8つのスタジアムを提案するための単一および共同入札が求められています。

FIFAは、「公正かつ透明な入札プロセス」には、「持続可能性と人権への具体的な取り組みとともに」明確な評価モデルが含まれていると述べました。

すべての入札図書は、10月に世界サッカー連盟に提出された後、FIFA.comに完全に掲載されます。

FIFA評議会が3月に主催者を選択します2020。 昨年行われた37男子ワールドカップで行われたように、2026メンバー団体は、FIFA議会に公の投票を決定させるのではなく、内密に決定を下します。

2月には、FIFAのチーフ女子サッカーオフィサー、Sarai Baremanが、女子サッカーへの熱意が急増する中で、2023版に大きな関心を寄せていると予測しました。 彼女は、FIFAが開催国に「将来の若い女性と女性をゲームに参加させるきっかけとなるような持続可能な遺産を創出する」ことを模索することで、さらなる成長の可能性があると示唆した。

1991以来、FIFA女子ワールドカップは4年ごとに開催されてきました。そして、競技のレベルが劇的に向上したことで、メディアの注目は飛躍的に高まり、ゲームは人気が高まりました。 750を超える100万人のテレビ視聴者が、FIFAの主力女子大会の2015版を見ました。

ウィメンズワールドカップは、女性プレーヤーの数を60で2026 100万に倍増するというFIFAの戦略の中心です。

返信を残します