CASE CHELSEA FC – FIFA:制裁措置は半減

ローザンヌ、6 12月2019 –スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、チェルシーフットボールクラブリミテッド(CFC)と国際サッカー協会(FIFA)の間の仲裁手続きにおける決定を発表しました。 FIFAアピール委員会の決定は、11、4月、2019の日付で、CFCはFIFAプレーヤーのステータスおよび移籍に関する規則(RSTP)の違反の責任があると宣言され、2人(2)全体で新規プレーヤーの国内および国際的な登録を禁止されました。連続した登録期間、罰金CHF 600,000、懲戒および将来の行為に関する警告が変更されました。

CASによって次の制裁が課せられました。

CFCは、1つの登録期間(1)の間、国内または国際的に新規プレーヤーを登録することを禁止されています。2019サマー登録期間中にクラブはすでにサービスを提供しています。

CFCは、FIFAにCHF 300,000(30万スイスフラン)の金額の罰金を支払うよう命じられています。

警告とre責が確認されます。

CAS仲裁手続は、CFCの控訴の受領後、6月に2019で開始され、唯一の仲裁人(マッシモコッチャ教授(イタリア))によって実施されました。 クラブは暫定措置の申請を提出しませんでしたが、2019の終了前に最終決定を下すよう要求しました。 20 11月2019に、スイスのローザンヌにあるCAS本部で聴聞会が開催されました。

唯一の仲裁人は、CFCがRSTPの記事19.1(未成年者の国際移転に関連する)および19.3(未成年者の最初の登録に関連する)に違反していることを発見しましたが、著しく少数のプレーヤー(違反の1 / 3について) FIFAによって発見された)。 さらに、他のRSTP規則への違反は、FIFAがチェルシーFCに起因するものよりも軽度であることが判明しました。 したがって、唯一の仲裁人は制裁を単一の移管禁止(チェルシーFCは2019の夏の登録期間中にすでに務めていた)に減らし、金銭的制裁を半分にした。 今後の移管期間を考慮して、唯一の仲裁人は根拠なく決定を下しました。

理由のある賞は準備中であり、初期の2020で関係者に通知される予定です。

CAS

コメントを残す